【らんま1/2の二次創作小説サイト】| INFORMATION | NOVELS |BOOKMARKS |CONTACTS | HOME |web拍手

自由

「ねえ、乱馬」
手を繋ぎながらのんびりと歩いていた、散歩道で。 その俺と繋いだ手を軽く揺さぶりながら、あかねが不意に声をかけてきた。

「何だよ」
「質問してもいい?」
「いいけど…何?」
・・・そんな会話を交わしている内に俺たちは河原に通りがかったので、その土手に腰掛けながら俺はあかねの「質問」とやらに答えてやる事にした。

「もしも、よ?」
「うん」
「もしも…乱馬は、自由になりました。さてどうする?」
「…は?」
…そんなあかねの質問に、俺は一瞬あっけに取られてきょとんとしてしまったが、
「だから…急にどこへ行っても良くなって、何をしても良くなったらって事よ。あたしとの許婚の約束も白紙になって、それで特に無差別格闘流も継がなくても良くなったらどうする?て事」
そんな俺に、あかねがちゃんと分かりやすく説明しなおしたので、
「ああ、何だ…そういうことか」
と、俺はようやく、あかねが俺に何を質問したかったのか理解する事が出来た。

「自由になった乱馬は、やっぱりまずは中国に行くんでしょう?完全な男に、まずは戻りたいでしょう?」
あかねは、俺に向ってそう言った。
どうやらあかねは、俺がなんて答えるか予測しようとしているらしい。
だけど俺は、
「違うな」
俺の答えを予想しようとしているあかねにそう答えてやった。

「え?違うの?じゃあ…武者修行に出る!…これは?」
「それも違うな」
「分かった!乱馬、勉強嫌いだもんね。高校行かないで、毎日毎日、稽古三昧にするんでしょう!?」
「それも違うな」
俺は、色々な方面から予測してくるあかねを、面白いぐらいに悉く、蹴散らしてやった。
そんな俺に対して、
「えー…じゃあ乱馬は、『自由』になった一番初めは、一体何するつもりなの?」
あかねが「思いつく限りのことは言ったのよ…」と言わんばかりの顔をした。

…なので。
俺は、そんなあかねに向かってそっと自分の手を差し出した。

「え?」
あかねは、俺のその差し出した手をきょとんとした顔で見ている。

「俺が『自由』になったら、だろ?」
俺は、あかねに手を差し出したまま、ゆっくりと話し出した。
「うん」
「あかねとの許婚の話もチャラで、無差別格闘流も継がなくて良くて。どこへ行こうが何をしようが。俺が『自由』になったら、一番初めに何をするか…だろ?」
「うん」
「じゃあ、決まってる」
そして俺は、キョトンとしているあかねに向ってにっと笑ってやった。

「乱馬?」
「まず真っ先にあかねを見つけて、それでこう言う」
「?」
「…俺と、許婚になってくれませんか?」

そんな俺が照れながらチラッとあかねの表情を盗み見ると、俺の言葉を受けたあかねは、ビックリする位真っ赤になっていた。

…だって。
何もかも『自由』になるって事は、 今の俺を取り巻いてる環境が、全くの「無」になるわけだろ?
だったら、中国の呪泉郷に行って完全な男に戻るその前に、毎日稽古にあけくれるその前に、 武者修行の旅に出るそれよりも先に…まず初めに、あかねをつかまえなくちゃ。

…俺は、そんな事を考えながら、もう一度真っ赤になっているあかねの顔を見た。
あかねは、自分に向って手を差し出している俺の事を、大きい瞳をゆらゆらと揺らしながらじっと見つめていた。
「…お手をどうぞ?」
俺は、そんなあかねに向ってヒトコトそう言った。 すると、
「…」
あかねはそんな俺の手に、ゆっくりと自分の手を重ねた。
そして、重ねた俺の手をぎゅっと握り、
「…はい」
ちゃんと耳を済ませてないと聞こえないような小さな声で、そう呟いた。
そして、
「…ありがとう」
そういって、真っ赤な顔をさらに赤くしながら嬉しそうに、笑っていた。

…俺は何だかそんなあかねの行動が嬉しくて、 そして、そんなあかねが無性に可愛く思えてしょうがなくて。

「…では、こちらへどうぞ」
…外だというにも関わらず、俺はそういって握られたあかねの手を自分の方へ手繰り寄せ、あかねを自分の腕の中でしっかりと抱きしめた。

色々な可能性を試せる『自由』を与えられても。 俺のこの身が何の束縛もない『自由』になったとしても。 でも、 どんな事よりもまず初めに、俺はたぶん…こうやってあかねを掴まえる。
俺とあかねの関係も「無」になるというのなら、まず初めにそれを「無」じゃなくしよう。
俺は、そう考える。もしもそれが許されないというのなら、あかねを強引にかっさらってでも、それを実行してから考えよう。俺は本気でそう思ったんだ。

「どうしようと何をしようと、俺の『自由』なんだろ?」
俺が、抱きしめたあかねの耳元でそう囁くと、「…ばーか」とか何とか言いながら、あかねは嬉しそうな顔で、そんな俺の言葉に頷いていた。


---俺の「自由」は、まずはあかねを手に入れてから。


RUMIC'S NOVELS LINK

パラレル
糖度2
糖度3
糖度4
糖度5
企画

OTHER CONTENTS

■オリジナル作品(外部サイト)
お仕事情報

THANKS!

TOTAL: HITS(Y:)