【らんま1/2の二次創作小説サイト】| INFORMATION | NOVELS |BOOKMARKS |CONTACTS | HOME |web拍手

繋いだ手

あたしよりも一回り大きい身体。 頭一つ半、大きな背。
だから、そんな乱馬の手があたしよりも一回りも二回りも大きい事ぐらい、あたしにだって分かっていた。
分かっていたはずなのに …どうして、初めて手を繋いだこの瞬間に、またそれを改めて、想うのだろう。

 


繋いでいる、というより「引っ張られている」の方が正しい表現なのかもしれない。
「流幻沢」という遠い場所までわざわざあたしを迎えに来て、命懸けで戦って。
すれ違って再び交わって。ようやく全ての誤解が解けて、こうして一緒に帰るのに。
何も言わずに真っ赤になって、乱馬はあたしに背を向けながら手だけ引いて歩いていく。

でも、不思議。
あたしが声をかけても何も返さないくせに、繋いでいるその手がでこぼこした道に弾かれてちょっとでも離れようとすると、乱馬は、びっくりするほど強い力でその手を繋ぎなおす。

あたしよりもごつくて、大きくて、そしてずっとずっと温かい乱馬の手。
乱馬はその手で、あたしと自分を繋いでいる。

…ばかね、そんな風に一生懸命繋いでなくたって、あたしから振りほどいたりしないわよ。
そんなことしなくたって、簡単にどっかに行ってしまったりしないわよ。
それよりももっと、何かあたしに向かって話してくれる事はないの?
まさか、まだ怒ってるの?
ねー、何か喋んなさいよ。
そんな風に乱馬に促すも、乱馬は相変わらず赤くなった顔を隠すようにして、ただただ黙ってあたしの前を歩きつづける。
挙げ句の果てに、

「夕陽のせいだっ」
「はあ?」

…顔が赤い原因なんて別に聞いてもないのに、ようやく喋ったと思ったら、これだ。
全くもって、意味が分からない。

…はいはい、もう分かったわよ。
無理に何かを喋れなんていわないし、こんな風に頑なに手を握ってなくたってもう、誰か別の人の傍にいるなんて、言わないわよ。
言わないから、だから…

今日だけはこの手をずっと、離さないで。

家に帰るまででいいから、ううん、乱馬がそうしていたいって思うその瞬間まででいいから、
強くなくていい、そっと触れているだけでもいいから、
何だか今日は、ずっとずっと、こうしていたい。


RUMIC'S NOVELS LINK

パラレル
糖度2
糖度3
糖度4
糖度5
企画

OTHER CONTENTS

■オリジナル作品(外部サイト)
お仕事情報

THANKS!

TOTAL: HITS(Y:)