【らんま1/2の二次創作小説サイト】| INFORMATION | NOVELS |BOOKMARKS |CONTACTS | HOME |web拍手

何が足りない?

「実際のところ、どうなん?あかねちゃん」

 

ある日の放課後。
英語のテストで、いつものように赤点をとった乱馬の補習が終わるのをあたしが教室で待っていると、
珍しく真面目な顔をした右京が、あたしのところへとやってきた。
一体何が「実際のところなのか」。
右京があんまりにも真剣な表情をしているので、
「どうしたの?右京…」
あたしがちょっと驚きながら右京に尋ねると、右京は無言で、あたしの隣の席に腰掛けた。
そして、何もいわず、じっとうつむいている。
「…」
そんな右京に、なんだか声がかけずらくて、あたしもなんだか黙り込んでしまう。

…夕暮れ時の薄暗い教室で、あたしと右京はただただじっと、そこにいるだけ。
そんなあたし達の耳には、グランドでサッカーやら陸上やらをしている生徒達の歓声や叫び 声が、
本当はすごく遠くから聞こえているはずなのにも関わらず、とても大きく聞こえてくる。

「…あかねちゃんは、ええな。いつも乱ちゃんと一緒におれて…」

…が。 そのうち、そんな重苦しい沈黙を破るように、右京がぼそっと呟いた。
「え?」
あたしが右京の方をふっと見ると、
「うち、いつも思うんよ。うちがあかねちゃんだったら、絶対にいつでも乱ちゃんに甘えるし、家でだってずっと横にくっついてると思うし。ましてや、他の女なんか絶対に近づかせたりせえへんのにって」
「右京…」
「だいたいおかしいやん?あかねちゃんみたいに凶暴で素直じゃない許婚と、うちみたいな かわいー許婚。 男だったら絶対にうちを取るとおもうんやけどなあ?」
右京は、冗談か本気かわからないようなことを言って、あたしの顔をじっと見る。
「ど、どういう意味よ!」
あたしがちょっとむっとなって言い返すと、
「せやから、もしもあかねちゃんが乱ちゃんと一緒に住んでなかったら、絶対乱ちゃんはあかねちゃんばっかひいきしたりしないんやろなって、思ったんや。ええよな、あかねちゃんは。家でも学校でも乱ちゃんと一緒で。そんで、なにかにつけて乱ちゃんに構ってもらえて」
右京はそういって、ふう、とため息をつくと、意を決したようにあたしに核心を突く質問をしてき た。
「で?実際にどうなん?乱ちゃんとはどういう関係なん?」
「え?ど、どういうって…」
あたしはそんな右京の言葉に、思わず身構える。
「だから、その…本当は二人はうちが思ってる以上に深い関け…」
「な!なに馬鹿なこといってんのよ!あたしと乱馬はべつに…」
あたしが思わず真っ赤になって右京に言い返すと、
「ホンマ?」
右京は、ちょっと意外そうな顔だ。
人の核心を突くような質問をしといてその表情はなに…?とあたしは思わず突っ込んでやり たくなったけれど、
「一緒に住んでんのに、許婚なのに、家族公認なのに…信じられへんなあ。うちだったら毎 日のように乱ちゃんに夜這いかけるで?」
「あのねえ…」
「…じゃあ、二人はただ単に一緒にいるだけであって、べつに本当に付き合ってるって訳や ないんやね?乱馬ちゃんとあかねちゃんの関係は、許婚とはいえどもただの『友達』なんやね?」
右京のそういった顔があまりにも嬉しそうだったので、あたしはそれ以上何もいえなかった。
「…なーんや。心配して損したー。うち、二人はもうてっきりそういう仲になってると思ってなあ」
「え?」
「ほら、中国だっけ?あそこから帰ってきたあと、祝言を挙げそこなったやん?だから…。でも、なーんだ。別にあれ以降付き合ってるって訳やないんやね。あー、安心」
右京はそういって、あたしの顔をにやりと笑いながら、見た。
「あかねちゃん。うち、絶対に乱ちゃんのこと、諦めんよ!」
そして、そうあたしに言い放って…楽しそうに教室から出て行ってしまった。
あたしは、一人残された夕暮れの教室で少し、考え込んだ。

 

…右京に言われて改めて気がついてしまったんだけど。
そういえば、そうだな…なんて。
確かに呪泉洞で、「好きだっていわせてくれ!」と、あたしの心の中には乱馬がそういった ように響いてきた。
でもそのあと祝言を挙げようかって時に、 「あたしの事好きなんでしょ?」 と聞いたら、 「え…何それ?」 とか言い出し、挙句の果てに、 「そんなこといってねえ!」 とか言い出始末。
そしてあれ以降、特にあたしたちの間に進展も…
・・・でも。

「・・・」

あたしは、そこまで考えてきゅっと、唇を噛む。

…でも。

中国から帰ってきて以来、ごくたまに、だけど。
通学途中とか下校途中に、あたしと乱馬は手をつないで歩くことがある。
それは、寒かったりするとき(防寒のため)もあるんだけど、でも、以前は照れちゃって絶対人前でそんなことしない乱馬の奴が、あたしの手を自分から 引いて、歩く。
「・・・」
…嫌いだったら、そんなことしないよね?
あたしは誰に問うでもなく、そんなことを何度も問いかける。
しっかりと、「好きだ」とか「付き合ってくれ」とかそんなことはいわれていないけど、
でもそうであることを信じたいと、あたしは自分にそう言い聞かせて、今日まで来た。
「一緒に住んでなかったら、あかねちゃんみたいな凶暴な許婚は…」
でも、何となく右京の言葉が頭から離れない。
もし、あたしが乱馬と一緒に住んでいなかったら?
もし、そんな状態であたしと右京という二人の許婚が存在していたら?
しかも、片方は明らかに自分にべたぼれ。
片方は意地っ張りで素直じゃなくて…。
「・・・」
あたしの胸の中には、右京の「一緒に住んでいなかったら」という言葉が重くのしかかる。

…以前に、一度乱馬達一家がうちから出て行ったことがあった。
出て行くときあたしと乱馬は喧嘩してしまって、 そのとき仲直りするのに、大分時間がかかった。 夏休みに出て行ったのにもかかわらず、乱馬があたしとちゃんと話をする機会がもてたの は、 夏休み明けだったものな。
…今のあたし達は、一緒に住んでいるからこそこうやっていつも隣にいられるのかな?
一緒に住んでなかったら…すぐにあのときみたいに、距離が出来てしまうのかな・・・

「・・・」

あたしは、ふとそんなことを思った。

・・・ 今のあたし達は、「一緒に住んでいる」っていう恵まれた環境があるがゆえに繋がっている?
ううん、そんなことないよ。
あの時はともかく、今現在のあたし達はそんなこと… そんなこと…本当に、ないのかな?
「…どうなのかな」
あたしは、そんなことを考えながら、ため息をついてしまった。
情けないけれど、今のあたしは、こんなあたし達の「関係」に確信がもてなかった。
彼と彼女の関係でもない。
でも絶対にただの友達ではない。
許婚だけど、だから何があるわけでもない。
時々は手をつなぐ・・・ただそのことだけが、今のあたしの強み、なの?
…じゃあ、あたし達って、なんなんだろう?

「・・・」

あたしはそんなことを思いながらふと、窓の外を見た。
すると、部活帰りなのか仲がよさそうなカップルが、寄り添って歩いていくのが見える。
あたしは、そのカップルの様子をじっと、見つめた。
夕暮れ時のグランドを寄り添いながら歩いていくカップルは、遠目から見ても楽しそうな様子でどんどん歩き去っていく。
・・・やっぱあの二人はああしているってことは、ちゃんと『付き合って』るんだよねえ。
あたしはそんな彼らの様子を見ながら、もう一度ため息をついた。

…たった一言でいいんだけどな。
乱馬がたった一言あたしに言葉を投げてくれるだけでいいんだけどな。

あたしは、ボーっと彼らの姿を眺めながらそんなことを思っていた。
…と、そのときだ。

 

「あー、終わった終わった」

 

そんな声がしたかと思うと、それまで静かだった教室のドアが、ガラっと勢いよく開いた。
どうやら補習が終わったのか、乱馬が戻ってきたようだ。
「待っててくれたのか?」
乱馬は、あたしの姿を放課後の教室で見つけて、ちょっと驚いている。
「…別に。ちょっと教室でひとりでぼんやりしてただけよ!」
あたしは「いかにも待ってました」という態度をするのが嫌で、そんなことを口走りながら自分 のカバンをさっさと抱える。
「ふーん」
乱馬は、そんなあたしをちょっと嬉しそうな顔で見ながら、自分も荷物をまとめる。
そして、
「さ、早く帰るわよ!もうすぐ日が暮れちゃうよ」
あたしはそんな乱馬の横をすり抜けるように教室を出ようとしたけれど、
ガシッ…
乱馬の横を通り過ぎようとしたその瞬間、ふいに乱馬に腕をつかまれた。
「ちょ、ちょと何よ!」
あたしはあわててその手を引き離そうとしたけど、乱馬の大きな手はあたしの華奢な腕をがっしりと掴んで一向に離す気配はない。
「痛い…」
あたしがぽつんとそういうと、
「ごめん。でも…」
乱馬は、あたしの手をゆっくりと離しながら、ちょっとためらいつつも、
「でもよ、ホントは待っててくれたんだろ?ありがとな」
乱馬はそういって、笑った。
「べ、別に暇だったし、それに…放課後の教室は好きだしッ…それに…」
あたしは、そんな乱馬の嬉しそうな笑顔を直視することが出来なくて、思わずあさっての方向を向きながらそんなことを口走る。
「よく言うよ…ったく、ホント素直じゃねーよな、あかねは」
乱馬は、そんなあたしの様子を見ながら、おかしそうに呟く。
「…どーせ素直じゃないわよッ」
あたしは、真っ赤になりながらふいっとそっぽを向く。
「お前なあ。そんなに素直じゃねえと一般的な男にはもてねえぞ」
乱馬は、そんなあたしのそっぽを向いた頬を指でツンと突っついた。
『一般的な男にはもてねえぞ』
その言葉が、自分で思っていたよりも重く、あたしの心に突き刺さる。
『だいたいおかしいやん?あかねちゃんみたいに凶暴で素直じゃない許婚と、うちみたいな かわいー許婚。男だったら絶対にうちを取るとおもうんやけどなあ?』
…この言葉があるからかもしれないけど。
「…どーせあたしは、素直じゃないし可愛くないわよ」
あたしは、ぼそっとそう呟いて、下を向く。
すると乱馬は、
「…ま、少なくともお前の周りには一般的な男って奴が少ねえのが救いだよな」
すると。
乱馬はそういって、下を向いたあたしの頭をポス…と軽くたたいた。
「…俺を含めてさ」
「え?」
乱馬の言葉に驚いたあたしが慌てて顔を上げると、
「さ、そろそろホントに帰ろーぜ!」
乱馬はそれ以上はいわずに、にっと笑いながらあたしにすっ…と右手を差し出した。
「…何?」
あたしがボーっとしながらそう尋ねると、
「…手」
乱馬は赤くなりながらあたしの空いている左手を、取った。
乱馬はあたしの、まだ居心地の悪そうにしている手をきゅっと握って歩き出した。

「・・・」

・・・こうして歩いていても、まだあたしたちは恋人同士では、ないんだよな。
ほら、まただ。
何だか不思議な感覚に包まれながら、あたしはしばらく乱馬の背中を見つめていた。

 

… 特に付き合ってるわけでもなく、「好きだ」とお互い言い合ったわけでもないあたしたちがこう して手を繋いで普通に道を歩くってちょっとおかしいかも。
今のあたし達は、すっごく中途半端な関係なんだな。あたしは、そんなことを思っていた。
でも、だからといって、「好きだ」「つきあってくれ」そんな言葉があたし達の間で流れ込んでくるだけで、あたしたちのこの中途半端な関係は、何か変ったりするのかな?
そりゃ、そういう風に決めの「言葉」をお互いに伝えたら少しは変化はあるかもしれない。
でも、その言葉を持続させていくためには、何か根本的なものが必要な気がする。
今のあたしたちには、きっとその根本的なものが、足りないような…

…あたしは、ふとそれに気がついた。

じゃあ、何なんだろう?
何が足りていれば、こんな不安定なあたしの気持ちは落ち着くんだろう…
あたしはそんなことを考えながら道を歩いていた。

と、そのとき。
偶然、妙な人だかりとあたし達は出会った。
見るとそこは、東風先生の接骨院。
・・・ははあ。かすみお姉ちゃんがきてるのね。 あたしは直感で それを感じたのだけど、乱馬にはそれが何の集まりだかわからないようで、しきりに不思議がっている。
「ばかねー、あんた。あれはね…」
あたしはこっそりとそれを教えてあげようと思って、なにげなく乱馬の耳に届くように背伸びをし、
「なんだよ」
乱馬もそんなあたしが耳にささやいてくれるのをボーっと待っている。
「あのね…」
あたしはそのままこっそりと教えてあげようとしたのだけれど、
「…」
…その瞬間に、あたしは気がついてしまった。
「?おい、どうしたんだよ?急に黙って?」
「あ…ごめん。あのね」
あたしは慌てて乱馬の耳元へ「かすみお姉ちゃんが中にいるらしい」とささやいたのだけど、その心の中は複雑だった。

そう。
あたしにはそのとき、偶然だったけど、分かってしまった。
あたしたちに足りないものは何なのか、分かってしまったのだ。

…わかった。
あたし達に足りないのは、「好きだ」とか「付き合ってくれ」とかそんな言葉ではなく、もっと根本的な、もの。
さっきあたしが乱馬の耳に近づくために背伸びをした、あの「つま先」分の、距離。
…乱馬があたしに対して少しもかがむことなくとっていた距離。
あたしが無理して背伸びした、距離。
その二つの距離を結ぶ、ちょうどあたしの「つま先分の距離」。
それを縮めようと思う心が、あたし達には足りないんだ。
このたった数センチの距離を縮めるためには、一体どれくらいの時間と勇気と言葉が必要な んだろう?
そして、このたった数センチの距離を縮めるためには、これからどうしたらいいんだろう?

…あたしは。
ようやくわかったその現状を痛いほどかみ締めながら、再び乱馬に手を引かれて歩き出した。
あたしたちの距離は、まだ…遠い。


RUMIC'S NOVELS LINK

パラレル
糖度2
糖度3
糖度4
糖度5
企画

OTHER CONTENTS

■オリジナル作品(外部サイト)
お仕事情報

THANKS!

TOTAL: HITS(Y:)